次回 第21回の定期演奏会のご案内


クリックでPDF取り込み
第21回定期演奏会を開催いたします。皆さまのご来場をお待ちしています。
 2019年5月26日(日) 13:30開場 14:00開演
 神戸新聞松方ホール(JR神戸駅浜側 神戸ハーバーランド内)
 入場料 1,000円(全席自由 当日券あり)
チケットのお求めは、
松方ホールチケットカウンターにて開催1ヵ月前[予定]より発売いたします。

今回の演奏会は、次の4ステージ構成で企画しています。

Ⅰ.益子務 世界の旅

益子先生が音楽活動で周った世界からの曲を取り上げました
なつかしきケンタッキーの我が家、フォスターメドレー(アメリカ) 、MilaMoja(スロヴァキア) 、マリアの子守歌(ドイツ) 、カリンカ、黒いひとみ(ロシア) 、鳥の歌、AdioQuerida(スペイン)
テノール: 谷口 文敏
指揮: 益子 務  ピアノ: 金月 理沙、山下 めぐみ 

Ⅱ.白き花鳥図 

多田武彦の名曲を混声で歌います
作詞: 北原 白秋 作曲: 多田 武彦
混声合唱組曲「白き花鳥図」から
黎明、数珠かけ鳩、白牡丹、老鶏、白鷺
指揮: 稲松 真人

Ⅲ.遠くへ行きたい

日本の北から南へ~一緒に歌えるおなじみの歌
遠くへ行きたい、知床旅情・襟裳岬、琵琶湖周航の歌、島唄
指揮: 稲松 真人  ピアノ: 金岡 優子

Ⅳ.Nidaros Jazz Mass 

ジャズベーシストとミサ曲とのコラボ
ボブ・チルコット作曲 「Nidaros Jazz Mass」
Kyrie、Gloria、Sanctus、Benedictus、AgnusDei
ベース奏者: 石川 翔太
指揮: 稲松 真人  ピアノ: 金月理沙



石川 翔太(いしかわ しょうた) プロフィール
高校在学時より演奏活動を開始し、卒業後米国バークリー音楽大学に留学、演奏科とジャズ作/編曲科を2010年に卒業。 在学時からベーシスト/フルーティストとして活動し、卒業後はビザを取得しNYでもプロとして活動し日本に帰国。帰国後、 ベーシストとして国内外問わず様々なアーティストと共演する傍ら、フルーティストとしても活動。後進の育成のみならず、 ボストンのBWFE(ボストンワールドフルートアンサンブル)へのアレンジの提供や客演等幅広く活動を行う等関西に拠点を置きながらも国際派として活動している。 また2018年よりフルートアンサンブルRHMS(ラームス)を主宰する等ジャンル・楽器に関わらず幅広い活動をしている。




ページトップへ戻る

facebook  Youtube